オンラインゲームSealOnlineの徒然日記 1鯖で活動中の僧侶の日々をメインに つらつらと綴っております.
月ノ子供ハ夜詠フ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
第一段階で"可視範囲"を考えてみる
2011-07-15-Fri  CATEGORY: Seal日記
可視範囲:自分のいる区画(点線で区切られた範囲)とそれに隣接する区画内にいるものは見える,ということ.それより遠くにいるものは見えなくなる.

結局スケリで(特に)問題になるのは,スキルをひたすらうっている僧侶の可視範囲.

僧侶が見えない位置から僧侶が見える位置に移動すると
スキル読み込み&キャラクター読み込みで負荷がかかって落ちる?
わかったような口をきくときはとりあえず負荷って言えばよい

アタッカー同士がお互い見えたり見えなかったりしても,
そのたびに落ちるということはない気がする.
(※これはこれまでのスケリエルで何度も経験している)



現在の配置では僧侶の配置は入り口近辺で固定されており,
僧侶が見える範囲(僧侶の可視範囲)は,僧侶がいる区画(点線で区切ってある区画,薄緑)と
それに隣接する区画(水色)

ここを超える(赤線の外側に出る)と僧侶から見えなくなり,
逆に移動者視点で言えば,僧侶が見えなくなる.

赤線をまたいで僧侶の可視範囲に侵入すると,読み込みの負荷がかかり,高確率で落ちる.
ちなみに僧侶の可視範囲から出ること自体には問題はない.
ただ,可視範囲の外に移動した場合,
通常は可視範囲内(=僧侶のPTキュア範囲内)に戻ってくる必要があり
つまるところ出たらアウト.

第一形態ver1

この図で一つ間違った動きがある.
それは何?
答えは明確,,なので解答は略.

騎士
横23-24のラインより奥側に行く危険性がある.まぁ普通にしていれば大丈夫かと.

アタッカー(右)
特に何も考えなくてOKレオはいつもここ

アタッカー(左)
後退時に縦E-Fのラインを超える可能性大.
スケリエルが迫ってきても,後ろに下がりすぎると僧侶の可視範囲から出てしまい,
スケリエルを追って,再度E→Fラインを超えて僧侶の可視範囲に入る際に落ちることになる.

まぁ,あえて踏みとどまって死ぬより,落ちたほうが時間的ロスは少ないかもですが・・・?(鬼
ギャンは死んだふり使うのもありかも.
バックステップはry

僧侶
"可視範囲"の観点から言うと,
僧侶は薄緑の区画から動いてはいけない.
僧侶がそこから動くと,僧侶が見える範囲が変化し,アタッカーの移動可能位置(僧侶が見える位置)が変化する.

↓例えば左側の区画に移動した場合
第一形態(ダメな例)

薄緑:僧侶がいる
水色(薄):僧侶が一部見える範囲
薄緑(濃):僧侶が全て見える範囲

こんな感じで,僧侶の可視範囲に侵入するラインが複雑になる.

これを覚えるのはあまりに面倒だし,そもそも僧侶が点線で仕切られた区画をまたぐ意味はない.
僧侶を2区画に分けることで,1区画分の負荷を減らすことができるとも考えられるけど,
きっと減らしたところで落ちるものは落ちる予感.


おまけ
アタッカーが初期位置に移動する際に,アタッカー同士が見えなくなる可能性あり.
ただ,前述のようにアタッカーの可視範囲については気にする必要はない?


これであってる?
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントtm | URL | 2011-07-15-Fri 19:39 [EDIT]
結局スケリで(特に)問題になるのは,スキルをひたすらうっている僧侶の可視範囲.
→スキルモーションなしのただ立っているだけのキャラの読み込みのときにも落ちるような。スキルモーションありの方がより落ちやすいっぽいけれども。あと、スキルモーションだけではなくて、キャラの足元の補助の魔方陣?的なのでも落ちやすくなるかもしれない?

アタッカー(左)
後退時に縦E-Fのラインを超える可能性大.
スケリエルが迫ってきても,後ろに下がりすぎると僧侶の可視範囲から出てしまい,
スケリエルを追って,再度E→Fラインを超えて僧侶の可視範囲に入る際に落ちることになる.

→一番上の図で、ワープがある方向を下とすると、可視範囲跨いで落ちるのは左側のE-Fラインではなく、右側のBA-BBラインのはず(右アタッカーが見えなくなって)。左アタッカーはよほど後退しない限りはE-Fラインは気にしなくていい・・・はず
コメントsydel | URL | 2011-07-16-Sat 02:10 [EDIT]
右側は横23より上側(番号少ない方向)ね?
右アタッカーは基本的に左右にしか動かないから,
それほど気にしてなかったけど確かにガンナーの人が斜めから攻めてた.
注意は必要かもしれない.

BA-BBラインは,第二形態になるとさらに危険度上がるだろうね.


左アタッカーの実際のところはわからないけど,
右のアタッカーだとかなり後退するケースもあったので
(左の場合だと僧侶の可視範囲をまたぐくらい)
左でも後退の可能性があるかと思った.


可視範囲落ちについては結局最後は運ということなのかしらん.
僧侶がらみを筆頭とする確率の高いものは確実に避ける
くらいの指針でいいのかな…
コメントmachz | URL | 2011-07-16-Sat 15:44 [EDIT]
スケリエルの攻撃をかわしたために落ちるのは仕方ないと思います。
気をつけたいのは第3形態で護衛を引き受けてる時に落ちないことですね。
常に僧侶を見ながらどこまでが可視範囲か体で覚えるしかないです。

可視範囲を覚えれば落ちることは少なくなります、が、
第4形態変身時の集団落ち問題があります。
これは逆にすべてが可視範囲内だと落ちやすいという矛盾が…。
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2011-07-18-Mon 02:10 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 月ノ子供ハ夜詠フ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。