オンラインゲームSealOnlineの徒然日記 1鯖で活動中の僧侶の日々をメインに つらつらと綴っております.
月ノ子供ハ夜詠フ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
第3形態配置案
2011-07-31-Sun  CATEGORY: Seal日記
machzさんとのチャット,tmさんとのギルチャを元に.

見方としては,青が元の位置,赤が(最終)移動先.


案1
どうやら少人数の場合は炎2とスケリエルの変身を同時に見ることによるクライアント落ち(以下炎2落ち)はないらしい.
この前提なら配置案の自由度はかなり広がる.
ただし本当かどうか不明,少人数とはどれくらい少人数なのかも不明.

案2
騎士PTのプリ移動が面倒だけど,この配置なら
PTキュア中に可視範囲をまたぐことはない.
炎2とスケリも隔離.
スケリ騎士にPTキュア僧侶3枚.
ガード騎士にもPTキュア僧侶3枚(編成でマスキュア僧を一人追加予定)

問題はガードが漏れたらアウトな点だけど,つまりレオがミスったらry
心配ならガンナー一名を「ほ」に配置してガードも見るようにしてもいいかも.


案1が圧倒的に楽なので,落ちないならこちらで行きたい.
落ちるなら案2で.
案1
Phase3-集団落ち考慮せず
いえ,,,案2のsheetは最初に作ったから細かいだけ…スケリ(ドクロ)の細かい動きは案2のほうも参照

ガード騎士,アタッカーのかたがたは第3形態になったら即移動開始.
(ガード騎士とはスカルガードを担当する騎士のこと)

全ての移動は入り口配置のプリーストの可視範囲内で行われるので何の心配もない.

騎士が「ほ」の位置にいる時は,(特に騎士PTのプリ)は「ぬ」に侵入しないように注意


案2
バイル配置は,スケリを「み」,炎1を「り」,炎2を「へ」(従来と同じ)
プリの移動方法が変わる.

Phase3-01.jpg
第3形態になったら騎士PTのプリは即移動開始.中の人いない2PCプリはあらかじめ追尾設定にしておく.


Phase3-02.jpg
炎1を配置させたらさらにスケリ誘導

Phase3-03.jpg
ここが複雑.
炎2が沸いたら,騎士は「み」までスケリエルを誘導.
騎士が「ほ」に侵入したら騎士PTプリは「ち」まで移動.
(騎士がまだ「へ」にいる間にプリが「ち」に移動すると,騎士が「へ」から「ほ」へ侵入する際に
「ち」に移った騎士PTプリの可視範囲境界をまたぐことになる.)

なお,「ほ」は唯一炎2とスケリが同時に見えるエリアなので,
スケリが第4段階に変身するまで誰も入らないように.

ガード騎士にはPTキュア3枚しかかからず,すこし危うい可能性もある?
そのため,入り口配置のプリからPTマスできるキャラをガード騎士位置まで移動させることも検討必要.
騎士PTプリが「ち」に移動した後の移動になると思うので,移動時は「ぬ」に進入しないように注意.

この状態で第4形態変身を待つ.
炎は倒さない方向で.
炎のHPを減らさなければスタンを使うガードが沸くことはないか,は未確認.これは次回以降で要確認


Phase3-04.jpg
最後.第4形態攻略のためにスケリエルを中央に持ってくる.

可視範囲境界をまたぐと落ちるのは,おそらく読み込みの問題だと考えられる.
読み込むキャラクターが少なかったり,重たいスキルエフェクトを読み込む必要がなければ
落ちる確率は下がるだろう.

ここの移動で「み」の騎士が「ほ」へ移動する際に入り口プリの可視範囲境界をまたぐことになるが,
入り口にいるプリの数はあまり多くなく,またこのタイミングでは入り口プリはPTキュアを使う必要がないため
その可視範囲境界をまたいでも騎士が落ちる可能性は低いと考えられる.

ガード騎士はガード後一行を引き連れて,「ち」のエリアへ移動.
すでに「ち」に移動している騎士PTプリも適宜移動してガード騎士御一行と合流.
移動経路をこの図に示したが,この移動自体はガードのタゲが安定した後ならいつでも問題ない.

ガード漏れ防止役のアタッカーは,本体騎士が可視範囲問題で落ちた場合に備えて
(落ちないと思うけど)
「ほ」の位置に待機.編集面倒だから修正しないけど正確に言えば,ガード漏れ防止役が移動してから,スケリ誘導騎士が移動する

入り口近辺のかたがたは回復の必要もないのでまったりお茶でも.

なお,この配置で第4形態を攻略する場合に1点問題あり.
それは,アタッカーが一度死んで,「へ」の位置で復活した後
「ほ」や「り」に戻る時に,「ち」の位置にいる騎士PTプリの可視範囲境界をまたいでしまうこと.

ただし,アタッカーが落ちても,致命的ではない(火力が落ちて攻略に時間がかかるだけ)
可視範囲境界によるクラ落ちも100%ではなく,また今回はプリが少ないためクラ落ちの確率も低いと考えられるため,
落ちてもくじけず再侵入を試みてクダサイ…


一方で,騎士PTプリを「り」まで戻す案もないことはない.
Phase3-04b.jpg
ただし,騎士PTプリが入り口プリの可視範囲境界をまたぐことになるので,どちらがリスキーかは自明ですね…
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントsydel | URL | 2011-07-31-Sun 03:54 [EDIT]
スケリを可視範囲に出すためには,スケリを誘導する騎士が可視範囲外に移動するのは避けられない.

↑は仕方ないとして,案2は可視範囲またぎを可能な限り抑えて,さらにプリも有効活用できる配置(ただし眠い頭の中では).

条件を緩めればもっといい案はあるはず(例えば案1ですね).

トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 月ノ子供ハ夜詠フ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。